倫理と環境にかなった持続的な生産標準

アースポジティブって何?
アースポジティブとはアパレル業界のグリーン改革です。環境の負担にならない T-シャツ作り、オーガニックで公平かつ倫理的な製造方法の採用、そして太陽光や風力から得る持続的なエネルギーのみを使用する徹底した生産工程に全力を尽くしていますアースポジティブは、環境問題というチャレンジに直面する企業やファッション業界にとって合理的で迅速な解決策であり、環境問題解決への第一歩を踏み出してゆくチャンスなのです。

ローインパクト農法 (自然農法)って何?
私たちアースポジティブは木綿栽培が機械ではなく大切に手作業で行われている農家のみを抜粋しました。又、こういった自然農法は石油を材料とした科学肥料や殺虫剤、除草剤を使用しないため、今後も石油に頼ることはありません。

カーボンニュートラル(炭素中立)
アースポジティブの衣服は、すべてインドにあるカーボンニュートラル製法を採用した工場にて生産されています。生産材料には自然農法を用いて栽培したオーガニックコットンを使用し、商品流通網にいたってもカーボンニュートラルである倉庫・卸売り経路を起用しています。倉庫やオフィスでは再生可能エネルギーのみを使用しています。

100%オーガニック商品
アースポジティブの衣服は100%オーガニック商品であり国際オーガニックテキスタイル基準に則り、コントロールユニオン(CUC)、そしてソイル・アソシエーション(英国土壌協会)からの認定を受けています。

倫理的な製造方法
アースポジティブ衣服は公平で倫理的な製造方法にて生産されています。すべての生産工場はフェアー・ウェアー財団(FWF)の審査を受け、国際フェアトレードラベル機構(FLO)からの認可を受けています。

環境
アパレル業界は多くの産業の中でも環境汚染に最も影響を与えている分野になりつつあります。アースポジティブの衣服は、この産業にて環境、社会、そして倫理にかなった最善の生産基準を実践する為に作られています。ミュージック、ファッション、プロモーション衣服業界へ親しみやすい商品を送り出すことにより、地球温暖化への関心を高め、解決へ向けての活動を促進していきます。そして今、ブランドネームやコーポレートイメージ、政治的スローガンなどを伝える為に使われていたただの T-シャツが、メッセージを伝える根本的なキャンバス(媒体)から環境に優しい商品(メッセージそのもの)に生まれ変わったのです。

環境への優しさ
アースポジティブの衣服は Oeko-Tex 100 Standard によってクラス I として認証されています。Oeko-Tex 100 Standard は繊維製品そのものと、使用された染料の安全性を保障し、その認証プロセスでは生産段階での環境への配慮も重視されます。アースポジティブ衣服はこういった環境への高い基準をクリアした商品なのです。

風力
アースポジティブ衣服の生産過程を支持するエネルギーは30もの大きなウィンドタービンから得る、持続的、そして再生可能な電気です。

気候ニュートラルって何?
気候ニュートラルとは、商品生産がもたらす温室効果ガスの量が商品を生産する以前のレベルまで削減されている状態をいいます。アースポジティブは、温室効果ガスの発生が少ない自然農法の起用、カーボンニュートラル製造工程、そして化石燃料から得るエネルギーを風力や太陽光による再生可能エネルギーに置き換えることで気候ニュートラルを保っています。

カーボンオフセットとは違います
カーボンニュートラルとは生産工程に関わる二酸化炭素の量がプラスマイナスゼロの状態にて保たれていることいいますが、最近では生産工程で発生した二酸化炭素を実体のない‘カーボンオフセット(排出削減クレジット)’の購入により帳消しにしている状態を指す言葉として使用されています。しかしこれでは産業・企業における温暖化対策の質は向上しません。

アースポジティブでは‘カーボンオフセット’を使用せず信用のある方法のみを起用しています。企業の生産工程のあり方を変えていく唯一の方法は、純粋に温室効果ガスの発生を削減すること、そして製造現場におけるエネルギーの使用を減らし、再生可能エネルギーを使用していくとこです。

木綿を厳密に選択
アースポジティブ衣服ラベルは環境公正財団(EJF)の推薦を守り、木綿の生産元を表示しています。児童労働により綿花が生産されている間はウズベキスタン綿は絶対に使用しないことをお客様に約束します。

水使用量の削減
T-シャツ1枚、ジーンズ1着に値する量、綿1kgを生産するには約20,000リットルの水が必要です。通常ならば綿製造工場には大規模な灌漑施設が必要不可欠であり、多くの場合、湖や川から水を汲み取る為、地域に住む人々の貴重な水資源を奪い取る結果になってしまいます。この理由で私たちは生産場所の選択を重要視し、結果、使用する水量の95%を季節風の雨により得られる地域を選びました。

持続性
アースポジティブは普段着ている T-シャツに匹敵する、又それ以上に成功できる新商品として生まれました。「環境への優しさ」という他には無い付加価値を持たせ、商品としての新たな競争力を実現しました。

水への配慮
工場からの染料廃水は、処理貯水池、砂フィルター、逆浸透を利用した独立浄化システムを通じて、きれいな水へと変わっていきます。

生分解性パッケージ
アースポジティブ衣料はPVC(ポリ塩化ビニル)が含まれない生分解性包装材、そして100%古紙ダンボールを梱包材として使用しています。

輸送・運送
アースポジティブは「空輸禁止」ポリシーに基づき、商品の空輸運送をしておりません。その代わりにコンテナーを使用した海運輸送にてヨーロッパ、日本、アメリカへの商品輸出を行い、輸出過程にて発生する温室効果ガス量削減に貢献しています。アースポジティブの温室効果ガスフットプリント(足跡)はむしろフィンガープリント(指紋)程度といえるでしょう。又、解決策が定まらない世界の輸送やエネルギー保障問題においても、非難の的になるのではなく、自社自ら解決策を探すべく、商品生産の過程においてこれ以上の環境破壊、社会における不公平、そして地球温暖化防止に貢献する為努力しています。

オープン性
2年もの歳月をかけて立ち上げたアースポジティブ・アパレル開発プロジェクトは、アパレル産業における倫理的そして持続的な商品製造の知識を提供できるリーダー的存在として活躍していきます。カーボントラスト (Carbon Trust) はアースポジティブを事例研究として取り上げることを決定しており今後多くの衣服産業へ研究・開発成果を提供していきます。

カーボンラベル
アースポジティブはTシャツ製造にて発生する温室効果ガス(カーボン)量を通常製造工程に比べ 85%も削減しました。しかし消費者は製造会社による独自の表示ではなく、第三者における確実な検証プロセスと独立したラベル表示を求めています。カーボントラスト(Carbon Trust)は今こういったカーボン削減ラベル表示を試験しています。カーボン削減ラベルはアースポジティブ衣服における二酸化炭素発生量を実証し、伝える為に役立っています。

環境保護 – 水洗い
アースポジティブ衣服は30℃の水で洗濯できます。しかし私たちはアースポジティブ消費者に、日々の洗濯・乾燥がどれほど環境に影響しているのかもう一度よく考えていただきたいのです。洗濯や乾燥に使われるエネルギーは木綿衣服のライフサイクル(商品使用期間)で使われるエネルギーの約80%をも占めているのです。そこでアースポジティブ衣服には通常の洗濯表示の他に「水洗い・吊り干し」と表示しております。その他水生植物や動物への毒性が少なく、すばやく分解するエコ洗剤の利用を薦めています