Fair Share ラベルが付いている製品は、インドのガーメントワーカーに対して生活賃金を支払うための小さな価格プレミアムがかかっています。

About Fair Share

Tシャツ1枚あたり10p、またはフーディー1枚あたり54pの値上げだけで、インド工場の最貧困労働者の給与が50%増加します。

 

A small change makes a big difference.

小さな変化が大きな違いを生む

Continental Clothing Coは、Fair Fashion NetworkやBSD Consultingと共に、インド工場のガーメントワーカーに対して生活賃金を支払うためのスキームを導入しました。給与増額の最初のステージは2016年1月1日から発効し、全従業員が対象です。

生活賃金は労働者やその家族の基本的なニーズをカバーし、少しの貯蓄をすることができ、48時間の労働週間内に稼ぎ取られなければならない。

地域典型的な家族に対して適正な生活を提供するために必要な最低収入を計算し、現在の給与と生活賃金との差額を工場で生産される各ガーメントに対する追加支払額に変換しました。各ガーメントのコストに加えられたプレミアムは別の項目として記録され、月給と一緒に労働者に直接支払われます。

(collected in April 2016 after having received the FAIR SHARE premium for 3 months)

Workers testimonials

"I’m very happy about Fair Share, it helps me pay for my daughter’s school."
"I use the extra money to pay for medications."
"With the additional wage I can repay my debts."
"I can save for my daughter’s marriage."

The FAIR SHARE living wage benchmark

公正な生活賃金基準

インドのティルプル(工場がある場所)における繊維産業での生活と労働の現実を的確に反映する既存の計算方法がないため、コンチネンタルクロージングは、工場労働者に特化した生活賃金基準を定義するプロジェクトを開始しました。

生活賃金の定義と一次調査結果に基づき、地元のNGO、工場の経営陣、そして労働者の代表者との議論が行われ、生活費のすべての要素に正確な数字が割り当てられました。

結果として、2015年12月時点で、ネット月額要件が12,116インド・ルピー(INR)に設定されました。これは、標準シフトレートで「手取り金額」が466 INRとなることを意味します。この金額は、給与明細からの法定控除の13.75%を考慮して総額に算入されました。

それにより、2015年12月時点のティルプル地域におけるFAIR SHARE生活賃金基準は、月額14,048 INR(£141または€191)と設定されました。この基準は、生活費の変動に対応するため、毎年見直されるべきです。

The actual earnings at the factory

工場での実際の収入

工場での最低手取り賃金は、8時間シフトで、保証されたボーナスを含み、残業を除く控除後の307 INRでした。調査時点で、最低賃金で働く労働者は14人(ヘルパー13人、清掃員1人)いました。最高のシフト賃金は、カッターが574 INR、裁縫工が523 INRでした。平均手取りシフト賃金は393 INRでした。

設定された生活賃金の466 INRに達するためには、最低賃金の307 INRを純粋に159ルピー増やす必要があります。もちろん、最低賃金水準の変化や生活賃金基準の変動がある場合は、これを毎年再評価する必要があります。

Paying the FAIR SHARE living wage premium to the workers

FAIR SHARE生活賃金プレミアムを労働者に支払う

FAIR SHARE制度による現行の生産が、最初の年に工場の生産高の5〜10%に過ぎないとしても、すべての工場労働者が賃金の増加の恩恵を受けるべきだと決定されました。これは、積極的に関与している労働者だけでなく、月次給与で、一回限りのボーナスではなく、毎月恒久的に支払われるべきです。

最初の年の初期の注文では、目標とする生活賃金レベルに十分な資金が得られず、そのため、利用可能な資金がすべての労働者に賃金の等級を通じて平等に分配されることが合意されました。これは、一部の最高収入者がすでにそのレベルを超えていたとしてもです。すべての労働者に同じ手取り増額を行うことは、すべての当事者に受け入れられ、資金を公平に分配する方法として認められました。実際には、最低収入者が最も高い割合で増加を受けることになります。

制度が最初の年に生み出す金額、労働力の規模、そして毎月十分な資金を確保するために、各労働者に支払われる追加金額は、シフトあたり25ルピーと計算され、各労働者に月650 INRの賃金増加がもたらされました。

コンチネンタルクロージングは、工場との取引関係がある限り、将来の注文量に関係なく、この追加の月次賃金支払いが減少または停止しないことを保証しました。

制度は、開始後3ヶ月で、フェアウェア財団によって独立して監査されます。

コンチネンタルクロージングは、プロジェクトの開始、方法論と基準の定義、調査、実施、報告、マーケティング、監査の費用を負担します。工場は、制度の管理と、共済基金への追加の法定雇用者貢献をカバーする費用を負担します。

さらなる資金が生産量の増加の結果として生み出された場合、それらは、すべての従業員にとって生当ての生活賃金レベルに達するまで、翌月の賃金をさらに増やすための基金に積み立てられます。

FAIR SHAREプロジェクトの未来

このプロジェクトの長期的な目標は、工場の生産全体を制度に組み込むことで、すべての労働者に完全な生活賃金を提供することです。ただし、この目標は市場からの反応や小売業者や消費者が追加プレミアムを支払う意欲に依存します。コンチネンタルクロージングは、プレミアム付きの製品の取り扱い率を高めるために、制度のコミュニケーションとマーケティングを全面的にサポートすることを約束しています。また、同じ供給チェーンから調達している他のブランドにも、このプログラムに参加するよう奨励します。

BSDコンサルティング/Fair Fashion NetworkのMark Starmannsによって作成されたプロジェクトのより詳細な報告書が利用可能です。

動画再生

NewS - BLOG

お客様に寄り添い、サポートする注文・プリントサービス

私たちは注文やプリントに関する全てのサービスを、できるだけ簡単で効率的に提供するためにここにいます。親切でフレンドリーなスタッフが、お客様とのご協力を楽しみにしていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

FOR BUSINESS

CCCジャパンでは、私たちと同じ考え方を持つエシカルなスクリーンプリンターやデコレーターとパートナーシップを組み、最終的にフロントエンドのクライアントやブランドに世界最高の持続可能なファッションアパレルブランドにアクセスする機会を提供します。

仕入れ販売を希望の方
|事業者向け 会員登録はこちら